金融屋さんと同じ銀行とは

今や知らない人、利用しない人も居ないと言っても過言ではない程、銀行は街中のあちこちにあり、とても便利な機関です。そもそも銀行とは、貯蓄者から金銭を預かり、他方その貸付を行い、手形割引・証券の引き受け等をする機関です。

為替取引が出来るので、銀行券を発行する事もあります。その意味では、「中央銀行」「特殊銀行」などの政策金融機関などの預貯金取り扱い金融機関の総称でもあります。銀行は、日本の法令上、広義には銀行法上の銀行(普通銀行)と長期信用銀行法上の長期信用銀行の総称でもあります。

民間の銀行の場合、株式会社形態の場合と共同組合又は、相互会社形態の場合があります。前者は営利法人として対外的に銀行業務を行うものであり、後者は相互扶助を目的とする中間法人、主として、会員・組合員向けに融資業務を行うものです。

日本の場合前者には、普通銀行(リンク先に業務の範囲の節)、長期信用銀行および、株式会社商工組合信用金庫が該当し、後者には共同組合組織金融機関が該当する。

「銀行の三大機能」として、「金融仲介」「信用創造」「決済機能」の3つを総称して銀行の三大機能と言います。これらの機能は、銀行の主要業務である「預金」「融資」「為替」および銀行の信用によって実現されています。

三大機能において、「金融仲介」と「信用創造」は各銀行が常に単独で行える業務です。ただし、「決済機能」は、複数の銀行間の決済が手形交換所というラウンドテーブルで機能しており、かつてその処理が複雑な事から、現在合理化し、国際決済は寡占産業となった。

なお、日本国内では資金決済法が施行され、登録制の資金移動業が電子マネーなどを媒体に決済事業を展開している。ここで少し銀行に対してのの規制もお話したいと思います。

預金を貸し付ける銀行業務と、株式や債券を引き受け投資家に販売する販売業務を銀行が兼営する場合は2つの問題が指摘される。「証券会社が行う株式の引受業務は、銀行の融資業務と比べてリスクが高いので、銀行がそのリスクの高い業務を行うと、銀行に多額の損失が生じる可能性が高まる。

銀行が破錠すれば、預金者へ払い戻せなくなり、公的資金の注入が必要だったりもする。」後一つは「銀行が資金を貸し付けた企業の財務状態が悪化すると、その企業に債権などを発行させて、銀行は融資資金を発行させようとする。

これは銀行から投資家へ損失のリスクが移転されることになる。」この二つが銀行に対する規制です。銀行とは、いろんな所に繋がっているのです。皆さんの暮らしを豊かにするのが、本来の銀行のあるべき姿なのではないかと、私は思います。